軽自動車の強み・メリット

ファーストカーとしても大人気の軽自動車。運転に慣れていない人も扱いやすい、普通車とはまた違う軽自動車特有のメリットをご紹介します。

手軽に手に入れられる、また運転も簡単そうなどのイメージがある軽自動車。
実際普通自動車にはない魅力が沢山あり、ファミリーカーとしては頼りないかもしれませんが買い物などの移動手段やファーストカーとしての需要が高いです。
イメージでもとても扱いやすいように感じる軽自動車、そのイメージにつながる実際のメリットや強みをご紹介いたします。
一昔前は軽自動車はダサい、遅いなどレッテルを貼られていましたが最近の軽自動車はそんなイメージを完全になくしたデザイン、乗り心地の良いハイスペックな軽自動車が増えてきています。
確かに普通自動車と比べた場合のデメリットはまだいくつか存在しますが、それでも一昔前のレッテルを貼られている部分は全くと言っていいほど言われなくなり、軽自動車の購入に積極的な人は多いです。
進化を遂げていまや人気の移動手段となった軽自動車、沢山あるメリット、強みをまとめて挙げていきます。
まずやはり税金です。基本自動車を所有するということは税金を課せられるものですが、軽自動車は普通車よりも随分この税金が安くなっています。
「自動車取得税」「自動車税」「自動車重量税」日常にかかる税金を別として考えるとこれらが自動車にかかる税金となります。
車は所有しているだけでこのように税金を課せられるものであり、この税金が安いというのが軽自動車の一番の強みです。また保険料も安く、車検時に支払いが発生する自賠責保険も些細ながら普通車よりも金額が下がります。
些細な金額ではありますが、、これも加入会社やほかのオプションなどで変わってくるものなのでもっと金額が下がる、そんなことも勿論起こりうるものとなるのです。
税金や保険料はどれも高額なイメージですが、これらが普通車よりも格段に安くなっているのが軽自動車のメリットで、総合して維持費の節約につながります。
他にもメリットをあげると勿論沢山のメリットがあり、軽自動車は燃費の良さが売りとなっています。
ターボエンジン搭載車等はまた別物となってきますが基本的に軽自動車は低燃費で作られており、日常的にかかるガソリン代が抑えられます。軽自動車並みの燃費を求めた普通車としてハイブリッド車もありますがその分車両自体の価格が上がってしまいます。
ですが軽自動車の場合車両の価格も抑えて税金なども節約、その上で低燃費車を得られるためメリット尽くしなのです。
他にも高速料金が安く、普通車より2割程度安くなっています。
もともと長距離移動自体に軽自動車は向いていないものの、高速道路は短時間移動のためにちょっとした移動で使うことだってあります。
そんな時にかかる高速道路料金が安いというのもメリットです。
次に車庫証明が不要という点、車を補完するための駐車場を用意することが義務付けられていますが、その車庫証明を警察署にとりにいかなければなりません。勿論地域にもよりますが軽自動車はこの手間を省けることがあり、手続きの手間を減らせる利点があります。
軽自動車はこれら税金や手続き面でも所有者の負担を減らせられる、そんな車となっています。
沖縄ではこうした理由からも軽自動車の利用率が半数以上となっており、とても人気だということが統計で出ています。

軽自動車のメリットは安さだけではなく、その小回りにもあります。
車体が大きい車はどうしても運転しにくいものでまた駐車場の場所も取ります。普通車でファミリーカーとして愛用されるバンなども、女性にとっては運転しにくいなどのデメリットがありちょっとした買い物やお子様の送迎で使いづらいという声があります。
ですが軽自動車なら車幅が狭いなどの理由から細い道も楽に走行、またショッピングモールの混雑しがちな駐車場でも軽自動車専用スペースがあったりなど、その小ささを活かしたメリットが沢山あります。
沖縄には細い道も多く、大きな車だと走行できないところも多いです。住宅街などの道も普通車は対向車が来れば避けるのも一苦労、ですが軽自動車なら車幅の確保も楽なので、こうした運転中における緊張のときを減らせられる傾向があります。
些細なことかもしれませんが運転中の心のゆとりを持たせられるという点から運転が苦手な人、また運転免許を取得したばかりの人に安心して乗っていただける役割を果たせられます。
ファーストカーに中古軽自動車を選ぶ方が多いのも、こうした小回りの利く車で練習、そして中古軽自動車ならもともと傷などがついているものなので、絶対にぶつけてはいけないなどの不安を抱えずこころにゆとりを持って運転に集中できるというメリットがあります。
運転は一歩間違えれば危険なもので、しっかり気を引き締めて行わなければならないものですが、軽自動車のように運転が楽な車ですと十分に気を付けた運転がしやすい傾向にあります。

最初は擦ってしまったりなどの運転ミスも起きがち、新車ではショックですがそういうときは中古の軽自動車を利用して練習を繰り返すのが運転の慣れに繋がります。
最初から大きな車を乗るのは勇気がいりますが、軽自動車なら運転初心者の方も比較的利用しやすいものとなります。

こうして軽自動車のメリットはたくさんあることをご案内しましたが、これらのメリットがある上で更にメリットがあります。
税金が安い、保険料が安い、車庫証明が不要、燃費のよさ、運転のしやすさ、これらはいいずれも大きなメリットです。
これらから軽自動車の需要は増えており、それは買い替え市場にも影響しています。
軽自動車は普通車に比べて下取り価格も下がりにくく、ニーズの高さから価値が下がりにくいものとなっています。
軽自動車をお求めになる理由はさまざまですが、年齢層関係なく利用しやすいという点から需要が下がることが少ないです。
いままで刑事どおうしゃに乗っていても結婚などの理由から、普通車に買い替えを検討する方にとって今現在持っている軽自動車の価値は気になります。
買い取りに出した際少しでも高い買い取り金額で引き取ってもらいたいです。
軽自動車はものによっては購入して3年程度なら、購入時とあまり変わらない金額で買い取ってもらえたという事例もあります。
そうでなくても軽自動車は比較的高い下取り価格で買い取ってもらえやすく、普通車に買い替える際それだけ資金を得られやすいものとなっています。
沖縄では特に軽自動車の需要が高いのがわかりますが、全国規模でいま軽自動車の需要は高いものです。
買い手がいれば買い取り価格も下がりにくいので、軽自動車はこれらのニーズの高さからなかなか価値の下がらない車となっています。
車はずっと同じものを乗っているわけではなく、違う車に買い替える場合もあれば泣く泣く手放さなければならないときもあります。
どんな事情があっても買い取り価格が少しでも高いと助かるので、軽自動車はその点もメリットがあるといえます。
このように軽自動車は総合してお金に関することのメリットが多く、維持費などは勿論手放すときまでそれらメリットは活かされ続けやすいのが最大の強みだといえます。
初めて軽自動車を購入される際、中古でも新車でも、沖縄ならラシーマにて全国から理想の車を探せるようになっています。
メリットをそのままに更に好みの軽自動車を探せるのでおすすめです。